不動産を相続により取得した場合、名義を変更するための登記が必要になります。

通常、不動産を相続した場合は、法定相続分のとおりの割合で、全ての相続

 

人が取得します。もし遺産分割協議が行われ、法定相続分とは異なる割合で

 

取得する場合(例えば長男が全ての財産を相続する場合等)は、遺産分割協

 

議書の作成が必要になります。相続の登記は放置しておくと、後々登記をし

 

ようと思った際に、当初必要のなかった方の印鑑等が必要になったり、後々

 

に何かと大変なことになり、あの時すぐに登記しておけばよかった、という

 

ことにもなりかねません。お早めにご相談ください。